上沼恵美子が松本人志の加害問題を批判し、一同が驚愕した本音を明かす!ダウンタウンが勝訴できる唯一の方法に言葉を失う…
2024/01/16

広告

2024年1月14日に放送された情報バラエティ番組『上沼高田の釘付け』で、タレントの上沼えみ子さんがダウンタウンの松本仁さんに関してコメントしました。この日、週刊文春が松本さんに関する性的スキャンダルを報じ、その後松本さんは活動休止を発表しています。

週刊文春の報道によれば、松本さんは女性に対して性的な行為を迫っていたとされています。ただし、吉本工業はこれを否定し、松本さん自身も記事に対抗するために裁判に専念することを表明しています。

上沼えみ子さんは、番組で「松本さんは裁判の結果がどうであれ、イメージは増えない」との見解を示し、報道の必要性に疑問を投げかけました。一方で、松本さんの人格や経歴を高く評価しながらも、脇が甘かった点も指摘しました。

彼女はまた、松本さんの活動休止に対して「休業なんてする必要ない」と述べ、これが引退に繋がる可能性もあると指摘しました。上沼さんは、松本さんがお笑い界の核であり、後輩芸人たちの憧れの存在であることを強調し、彼の存在が日本のお笑い界にとって非常に重要であると主張しました。

SNS上では、上沼さんの発言に対する賛否の声が広がっており、一部で支持される一方で批判される意見も見られます。

まとめると、上沼えみ子さんは松本仁さんの性的スキャンダル報道後の活動休止について、報道内容や休業の必要性に疑問を呈しつつも、彼の人格や業績を評価しました。一方で、松本さんの引退がお笑い界にとって大きな損失であると指摘しました。

広告

AD
記事