遠藤関、婚約破棄を選んだ理由と日大ドンの激怒で後援会解散の可能性?本名が四股名の驚愕な真相…
2024/01/16

広告

遠藤関は石川県軍水町出身で、現在追風部屋に所属する大相撲力士です。彼の得意技は突っ張り左四つで、最高位は西結び締め込みです。紫色や赤色、金色の3本の幕下の資格を持ち、非常に派手な取り口が特徴です。

高校卒業後、遠藤は日本大学経済学部経済学科に進学しました。19歳の時には全国大会で個人戦の首相を務め、全日本相撲選権大会で優勝し、国体相撲青年個人でも武英優勝を果たし、幕下10枚目各田の資格を取得しました。彼はアマチュア横綱の栄誉も手に入れ、その後、追風親方が師匠を務める追風部屋に入門しました。

2019年5月には遠藤が一般人と結婚し、その結婚はメディアで一部に明らかにされました。結婚報告はほとんど行われず、講演会でしか報告されていないようです。遠藤の講演会は力士にとって重要な場であり、しかし結婚を機に講演会である藤の会は解散しました。解散の原因は、遠藤が理事長夫妻に紹介された結婚相を知りながら別の女性と結婚したことで、これが信頼を損ない解散の原因となりました。

一般的に、多くの力士は幕下まで本名で相撲を取り、それ以降は四股名に変更することが一般的です。しかし、遠藤関は急速な出世とともに、本名のまま土俵に上がり続けています。これは「遠藤フィーバー」と呼ばれる人気を得たことが一因とされています。本名のまま土俵に上がる例は他にも存在し、その中には横綱まで昇進した力士もいます。遠藤の今後の活躍に期待しつつ、彼の四股名変更の時期にも注目が寄せられています。

広告

AD
記事