女優浅野温子の難病による余命宣告…顔面崩壊と形容される現在の姿に感慨深さが広がる。また、『あぶない刑事』で輝かしい活躍をした彼女の息子が”育児放棄”し、職業について明かされる。さらに、離婚が迫っている真相が明らかにされ、驚きを隠せない。
2024/01/16

広告

麻野敦子さんは1961年3月4日生まれ、東京都大田蒲田出身の女優で、1980年代から1990年代にかけて数多くのトレンディドラマに出演し、若者から絶大な支持を受けました。彼女は現在も多くの作品に出演し、その活躍は続いています。まず、彼女のプロフィールからご紹介します。

麻野敦子さんは1980年から1990年代にかけて、トレンディドラマに出演し、黒髪で猫目が特徴的な美しい容姿と、幅広い役柄で人々を魅了しました。女優業だけでなく、ロマンチックコメディや舞台でも活躍し、国学院大学の客員教授としても評価されています。

2019年3月には舞台の出演を体調不良で中断し、給養期間を経て同年5月に復帰しました。所属事務所によると、病気は見つかっていないとされ、一部では長年の疲労やストレスが原因とされています。整形の噂については、麻野敦子さんの顔立ちは整形されたものではないとされており、美容術は受けているものの、パーツの変化は見られません。

麻野敦子さんは1983年に作曲家の魚弁さんと結婚し、1人の息子をもうけました。しかし、夫婦関係についてはほとんど公にされておらず、離婚危機の噂が流れても具体的な証拠は見つかっていません。息子の魚ゆさんは、日韓スポーツ新聞社での勤務後、2008年にNHKのアナウンサーとして転職し、現在はNHK放送文化研究所で活躍しています。

広告

AD
記事