山本舞香、ジャイアンツとコラボした時の姿が”始球式史上一番”可愛いと話題「ウエストがやばい」「かわいすぎてむり」
2024/01/14

広告

女優でモデルの山本舞香さんが9日に、読売ジャイアンツのユニフォームを着用した撮影風景を大量に投稿し、ファンからの称賛を浴びました。コメント欄には「MAIKA」と書かれた背番号13のユニフォーム姿で、リラックスモードで寝転びながら撮影に臨んでいる様子が写っています。オーバーサイズのユニフォームとキャップをかぶり、キュートでセクシーな雰囲気を漂わせています。山本さんの美しいスタイルに対し、フォロワーからは「ウエスト細っ」「かわいすぎてむり!」「ビジュえぐすぎ!」など絶賛のコメントが寄せられました。

記事によれば、この撮影は読売ジャイアンツとのコラボレーショングッズのためで、山本さんは15日に行われた交流戦での始球式にも登場しました。始球式では、インスタグラムで紹介したオレンジと黒のユニフォームではなく、黒のユニフォームを着用し、美腹筋が見え隠れする姿でファンを魅了しました。彼女のフォームは非常に綺麗で、ノーバウンドの見事なストライクを投げ、ファンから大いに賞賛されました。コメント欄には「さすがソフトボールの経験者」「今まで見た始球式で1番のコントロール&美貌」「女優史上最高の投球だろ!」など、彼女のスポーツ経験に対する期待と感嘆の声が寄せられました。

山本さんは中学時代にソフトボールを経験し、小学校から中学校まで空手を習得し、黒帯の腕前を持つことから、その高い身体能力が始球式で発揮されました。

広告

始球式を見守った読売ジャイアンツの原辰徳監督や選手たちも驚きと歓喜の表情を見せ、山本さんのパフォーマンスは大成功となりました。これにより、山本さんのアクション女優としての可能性についての期待が高まっています。

広告

AD
記事