やす子、自衛隊の退職を”引き留められた”理由が衝撃的すぎた…!「〇〇、自由に〇〇していいから」「君は〇〇でやっていけないから」
2024/01/16

広告

今月20日、お笑いタレントのやす子さん(24歳)がバラエティ番組「しゃべくり007」にゲスト出演し、自身の自衛隊在籍時のエピソードを語りました。高校卒業後、「家を出る」という決まりに従い、山口県にはパチンコ屋さんと自衛隊しかなかったため、最初はパチンコ屋での面接を受けました。しかし、入室時に扉が閉まり、体が挟まるというハプニングが発生し、「恥ずかしくて」そのまま退出し、結局不採用になったと告白しました。

その後、やす子さんは「第2希望」であった陸上自衛隊に入隊し、18〜20歳まで在籍したと明かしました。現在も即応予備自衛官として、茨城の駐屯地で部隊に所属しており、有事の際には招集命令に応じる姿勢を示しています。月に1回の訓練や災害派遣がある際には、自衛官として迷彩服を身にまとい、出動することを語りました。

やす子さんは退職を決意した際に、上官から「社会でやっていけないから」と言われ、自虐ネタも交えつつ、上官に引き留められたエピソードも披露しました。上官からは「ご飯、自由におかわりしていいから」という条件付きで引き留められ、やす子さんは「人生の中で愛されているなと実感する時期でした」と振り返りました。辞めた理由については、「勘だったんですよ。“やーめよ”くらいの」と軽い気持ちで退職を決断した経緯を打ち明けました。

広告

AD
記事