【雑学】郵便局の要請!ここに貼付しないで切手を使用せずに!これは把握していなかった
2024/01/08

広告

皆さんがよく目にする縦書きの封筒は、

ご存知の通り左上に切手を貼ります。

問題なのは、横書きの封筒。

もしかして…縦書きと同じく、

このように貼ったことはありませんか?

コレは、アウト!

郵便番号を書く枠が印刷されていないと、

ついつい勘違いしてしまいがちですよね…。

しかし、正しくはこうなのです!

横書き封筒の場合、切手を貼る位置は封筒の右側!

知っている人は「当たり前じゃん!」と思うでしょうが、

案外知らない人が多いんです。

ネットでも、「知らなかった!」

という声が数多くあがっています。

左上統一だと思ってた…

たまに、左上に切手貼る場所が印刷されてる横書き封筒もあるよね

あ~、これ子どもに注意したことあるなあ

郵便屋さんごめんなさい…いつも左上に貼ってました…

広告

【なんで、横書きは左側に貼っちゃいけないの?】

郵便の消印作業は、機械で行っています。

しかし横書き封筒の左側に切手が貼ってあると、

機械が読み取れないのだとか。

消印を押す機械は、縦長封筒の切手の位置を

基準に設定されており、横長封筒も縦にして

このようにセッティングされるからです。

読み取れなかった封筒は、

手作業で消印を押さなくてはなりません…。

間違った貼り方の封筒が多いほど、

余計に時間がかかってしまうわけですね。

縦書きは左側、横書きは右側に切手を貼るべし

切手を正しい場所に貼るだけで、

郵便局での作業がスムーズに進みます。

毎日大量の郵便を配達してくれる方たちのために、

これからは正しい切手の貼り方で送りましょうね!

広告

AD
記事