24時間エアコンつけっぱなしは本当に安くなるのか 結果を見て悲鳴が
2024/01/08

広告

安達さんは、入社3年目を迎えて少し疲れてきた営業マンです。以前はスポーツが大好きで、休日も積極的に運動していました。しかし、最近は仕事のストレスをビールで発散し、休日は家でゲームをする生活に変わりました。

安達さんは、快適な生活を送るためにエアコンを24時間つけっぱなしにするというウワサを信じて実践しました。以前は外出する際にエアコンを切っていたのですが、つけっぱなしにすることで部屋の不快感がなくなりました。特に夏の暑い時期には汗をかかずに過ごせるようになりました。

しかし、安達さんは7月の電気代を見て驚きました。去年と比べて電気代が高くなっていたのです。「エアコンをつけっぱなしにしたのだから当たり前」と思う人もいるかもしれませんが、実際にはそうではありません。

ウワサでは、エアコンをつけっぱなしにする方が電気代が安くなると言われています。エアコンは運転を開始した直後に多くの電力を消費するため、安定した電力を使うつけっぱなしの方が電気代が安くなるとされています。

しかし、安達さんが試した結果はウワサとは異なりました。実際の実験結果によると、エアコンをこまめに入り切りする方が消費電力が少なくなりました。

広告

特に長時間外出する場合は、エアコンの電源を切ることで電気代を節約することができます。

安達さんはエアコンを24時間つけっぱなしにすることで、7月の電気使用量が74%も増加し、電気代が1903円も高くなっていることに気づきました。エアコンを使う期間が4か月あると考えると、差額は7612円にもなります。

結果として、長時間家にいない場合はエアコンの電源を切る方が電気代を節約できることが分かりました。ただし、エアコンの使用方法は個人のライフスタイルに合わせて選ぶべきです。快適な生活を送りたいのか、電気代を節約したいのか、自分に合った選択をすることが重要です。

広告

AD
記事