叔父の法事の前日に夢を見た…叔父「タバコを1箱だけ買ってきてくれんか」→タバコを持って法事に行くと…
2024/01/08

広告

前日、私は叔父の法事のために帰省していました。夢の中で叔父が現れ、「煙草を1箱だけ買ってきてくれんか」と頼んできました。目が覚めた後もその夢が頭から離れず、なぜ煙草を頼まれたのか理解できませんでしたが、何かしらの意味があるのかもしれないと考えました。 法事の当日、私は叔父のために煙草を供え物として持って行きました。しかしその時、驚いたことに従姉妹も同じように煙草を持っていました。

おそらく叔父から私たちに頼まれたのだと思いました。 叔父は生前、毎日2箱程度の煙草を吸っていたそうです。叔母からは注意されていたと聞きましたが、それでも止めることはできなかったようです。叔父が亡くなってからも、彼の肉体は失われたものの、彼の未練と気遣い屋な性格は残っているのだと感じました。 このような体験をした私は、心にはまだ謎が残っていると感じました。叔父の夢から何かメッセージがあるのか、それとも単なる偶然なのかを解明したいと思いました。

さらに、私だけでなく他の人々も似たような体験をしていると聞きました。夢には人々とのつながりや予知能力など、様々なものが含まれているのかもしれません。しかし、夢に過度に依存することは危険であると思われます。

広告

夢は時に現実と重なり合うこともありますが、すべてを夢に委ねることはできません。 叔父の法事が終わり、私は夢の意味を考え続けました。もしかしたら、叔父が私たちに伝えたかったのは、自分の好きだった煙草への思いだけかもしれません。世界はまだまだ謎に包まれていると感じた瞬間でした。

広告

AD
記事