松岡茉優、学生時代は常にトイレでご飯を食べていたことに驚愕の声「イケイケだと思った」「全然キャラ違うね」
2023/09/19

広告

8歳で子役事務所に所属し、12歳で子供番組「おはスタ」にレギュラー出演した松岡茉優は高校時代には友人が1人もいなかったことを22年9月に「櫻井・有吉THE夜会」で告白しています。昼休みには一人で食事をしており、教室の窓際で一匹狼キャラとして過ごしていたそうです。同じく子役出身の浜辺美波も中学生時代を思い出す写真がなく、学校生活を楽しむ余裕はなかったと言います。中川翔子はオタク気質が原因で不登校になりましたが、母親や芸能人の支えが彼女を救ったと述べています。生見愛瑠もモデルデビュー当初は苦労しましたが、自分の個性を発揮することで成功を収めました。

広告

AD
記事