記事
山口百恵トップ写真事件!篠山紀信が激怒した理由とは…
2024/06/28

広告

   日本を代表する写真家の篠山紀信氏が今年1月、老衰のため83歳でその生涯を閉じた。女性を被写体にした多数の写真を撮影し、樋口可南子や宮沢りえの衝撃的な写真集でブームを巻き起こしたことは、今さら説明するまでもないだろう。

 写真家が写真を撮る上でも最も大切なこと、それが被写体である人物との信頼関係だ。ところが、その信頼関係を揺るがす事件が勃発した。1986年9月の「山口百恵の上半身全開写真」流出騒動だった。

 問題の写真が掲載されたのは、写真週刊誌「FOCUS」。写真はこの8年前に発売したLP「二十才の記念碑 曼殊沙華」

広告

のジャケット用として撮影されたものだった。それがあろうことか、両人に無断で掲載されてしまったのである。

 9月29日に怒りの緊急記者会見を開いた篠山氏は、流出した写真は約150カット撮影したうちの2枚であるとして、

「あれは正真正銘、私が撮った写真です。保管してあるネガと照合したところ、2枚のうち1枚が確認できました。ネガは銀行で厳重に保管しているので、デュープ(複製)されたとすれば、現像所から私の手元に届くまでに、何者かがやったのだろうと。犯人を特定できれば告訴します」

広告

むろん、発売元の新潮社に対しても、

「写真を撮った私には著作権があり、百恵さんには肖像権がある。それを全く無視して公開されたことに対し、怒りを感じます」

 厳重抗議したことを明かした上で、次のように撮影の経緯を説明したのである。一糸まとわぬものを撮る意識は両者にはなかったとして、

「上半身裸で撮ったものがあり、たまたま何点か『トップが写った』ものがあった」

 撮影当時、百恵さんは20歳。むろん、ジャケットにこの写真が使われることはなかったが、会見の3日前に百恵と連絡を取ったという篠山氏は、彼女の言葉を代弁。

「20歳の記念に納得してやった仕事ですから、今さらあれは自分ではない、山口百恵ではない、なんて言うつもりはもうとうありません。ただ、この写真がこういう形で世の中に出たということについて、本当に信じられない気持ちです」

「大変申し訳ない」と謝罪する篠山氏に対し、百恵は「篠山さんの権利をはっきりと主張して下さい」

広告

と答えたという。

 篠山氏がフィルムを現像したA社を相手に訴訟を起こしたのは、騒動から約1カ月が経過した10月25日。この写真家と被写体の間に起きた、「性善説」を揺るがす事件は、ついに法廷へと持ち込まれることになったのである。

広告

引用元:https://twitter.com/jidaidansu/status/1800401743848870058,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

【驚愕】水卜麻美アナが謝罪⁉️「24時間テレビ」で着服問題発覚か…→疑惑の真相
2024/06/28
南沙織 事務所からの”地獄制度”の為引退を二回宣告した事実に涙…夫・篠山紀信没後の現在の姿や ”シンシア”の愛称で呼ばれ「17才」でデビューした当時の疲弊した姿に驚愕…
2024/07/16
三田寛子 中村芝翫の愛人宅に突入し隣人にも聞こえる怒号を浴びせる…幾度の不倫にもはや”夫としては見られない”とも取れる夫婦関係に唖然…
2024/07/16
クワマンこと桑野信義、ガン手術後の排泄障害がもたらす生き地獄…大腸の位置が信じられない場所に!?
2024/07/16
YOSHIKIがGACKTを呼ばなかった理由がヤバい!『あいつは●●だからいらない!』GACKTの活動休止中に明らかになった不祥事の数々に一同驚愕…!
2024/07/15
斎藤元彦のパワハラ告発した県職員の末路...自殺に見せかけた恐怖の死因に言葉を失う!『兵庫県知事』が断固として辞職しない理由...強制的に政界追放や逮捕される真相に驚愕!
2024/07/14
石丸伸二が繰り上げ当選する真相...小池百合子が都知事辞任と言われる"選挙法違反"の実態に驚愕!『大逆転2位』を達成した政治家の若い世代から支持された独特の選挙戦略に言葉を失う!
2024/07/14
ASKAや清原和博の主治医を務めた“業界の名医”が…芸人と「麻布で密会」驚きの理由がこれ?!
2024/07/14
50歳の篠原涼子、全身ショットにネットが騒然!『悲鳴をあげた』『何かの間違いだと思いたい』
2024/07/14