芦田愛菜、女子大生デビューで”艶演技”オファー殺到してしまう…「子役払拭しちゃうのか」「女優のおきて守れる?」
2024/01/15

広告

日本テレビが7月に放送される新土曜ドラマ『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』の主演に、松岡茉優が決定し、共演に芦田愛菜が起用されることが明らかになりました。芦田はこれが約7年ぶりの民放連続ドラマへの出演であり、これに先駆けて早くも艶やかな演技のオファーが寄せられていると報じられました。

芦田愛菜は4歳の頃にドラマで子役デビューし、10年の連続ドラマ『Mother』で注目を集め、11年には『マルモのおきて』で6歳という史上最年少で連続ドラマ初主演を果たしました。その後、女優業を減らし学業に専念していましたが、今回のドラマは『3年A組』の続編であり、高い視聴率を誇った作品であるため、芦田の出演により話題を呼ぶことが期待されています。

芦田が民放連続ドラマに出演するのは、16年4月期のフジテレビ系主演作『OUR HOUSE』以来であり、これによって彼女の女優としての再ブレークが期待されています。彼女は慶應大学の法学部政治学科に進学し、女子大生女優として新たなスタートを切る予定であり、早くもオファーが来ている「大人の演技」に注目が寄せられています。

近年、芦田は豊満な姿に成長しており、オファーの中にはディープキスなどのラブシーンが含まれている作品もあると伝えられています。これにより、彼女の子役時代のイメージが払拭され、新たな女優としての一面を見せることが期待されています。

広告

AD
記事